メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

メタトレーダー関連書籍


メタトレーダーのMQLプログラミングに役立つ関連書籍


 トップページでも説明していますが、当サイト(メタシス・シーカー)では、英語のMQL4言語リファレンスの全ページを日本語に翻訳し、ウェブページ上で公開しています。
 しかし、当サイトではメタトレーダーの基本的な使い方の解説は割愛しています。どちらかと言えば、MQL4言語プログラミング初級者向けではなく、MQL4言語プログラミング中級者以上を対象としたウェブサイトといえます。メタトレーダーの基本的な使い方については、以下の良書が全国の書店で販売されていますので、そちらで勉強することをおすすめします。
 ここでは、その書籍の内容を簡単にご紹介したいと思います。あくまで、私の個人的な総評ですので、人によって感じ方は変わってくると思います。可能な人は、全国の書店で実際に手にとって内容を確認してから購入することをおすすめします。


FXメタトレーダー4 MQLプログラミング 堅牢なEA構築のための総合ガイド


内容紹介
 MQL4による初歩的な自動売買プログラムの構築方法を解説した「Expert Advisor Programming」の邦訳版です。メタトレーダー4のインストールや使い方についての説明はありません。メタエディターによるMQL4プログラミングの説明に特化した本です。図や表がすくないので、プログラムがまったくの初心者の場合、ちょっとわかり難いかもしれません。しかし、MQL4プログラミングの入門書として、ここで紹介している本の中では、最良の一冊として私はおすすめします。
 内容は、初めてのMQL4プログラミングの要点をとてもよく押さえており、メタトレーダーのMQL4プログラミングによる売買注文、作業の関数化、ポジションの注文管理、インディケーターによる売買条件など、一通りのトレーディングに必要なプログラムを学ぶ事ができます。書籍の内容は癖がなく、プログラミング解説は淡々としていてわかりやすいです。
 なお、MQL4プログラミング中級者にとっては、特に目新しいことはありません。8章の「ちょっとしたコツとアドバイス」については、今まで作成したMQL4プログラムの改良や、堅牢化に役立つヒントがあるかもしれません。例えば「エラー発生後の注文出しなおし」などの説明があります。しかし、すでにわかっている人にとっては、必要はないと思います。基礎を振り返る意味で一読しても良いとは思います。トレーディングアイディアについては記載はありませんので、なにかのアイディアを求めて、、と言う目的では期待できません。
 繰り返しますが、これからMQL4プログラミングを始める入門書としては、とてもおすすめの一冊です。しかし、MQL4プログラミングの説明に特化した本なので、メタトレーダー4の初めての使い方という目的であれば、後述の「マネー誌ザイとしろふくろうが作った 最強FXソフトMT4完全ガイド!」をおすすめします。

おすすめ度
★★☆☆☆ メタトレーダー初心者の入門書として
★★★★★ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
★★☆☆☆ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として

書籍情報
著者: アンドリュー・R・ヤング
単行本(ソフトカバー): 294ページ
出版社: パンローディング
発売日: 2012/3/16
本の寸法: 20.8 x 14.8 x 2.4 cm
  

下記が原書です。言うまでもないですが英語です。



マネー誌ザイとしろふくろうが作った 最強FXソフトMT4完全ガイド!


内容紹介
 メタトレーダー4の使い方を一通り完全網羅しており、大変すばらしい初心者本だと思います。内容もオールカラーでとても見やすくメタトレーダー4の初心者にとっては最良の一冊ではないでしょうか。
 メタトレーダー4のインストール方法、基本的な使い方、手動での売買方法、インディケーターの追加方法、EAの追加と実行方法、そして簡単ではありますが、メタエディターを利用したMQL4プログラミングの説明があります。
 前半のメタトレーダー4の基本操作については、カラーの図や表が多く使用されており、初心者用の操作マニュアルとして本当にすばらしいと思います。中盤以降には著者のしろふくろう氏のおすすめインディケーターをメタトレーダーに組み込む方法がわかりやすく解説されています。その後にはEAを追加して稼動させる方法とバックテストの方法も説明されています。メタエディターを利用したMQL4プログラミングの説明も一応掲載されていますが、これでMQL4プログラミングがマスターできる、、という深い説明内容ではありません。、、っま、初心者本としては十分な内容だと思います。私的に私が高評価だと思ったのは、メタエディターに関して「Microsoft IME」のコピー&ペースト問題も掲載されており、気が利いていて非常にすばらしいです。
 MQL4プログラミングを学ぶという目的ではおすすめできませんが、初めてのメタトレーダー4を操作するという初心者には最良の操作マニュアルになると思います。

おすすめ度
★★★★★ メタトレーダー初心者の入門書として
★★★★★ メタトレーダー初心者の操作マニュアルとして
★★☆☆☆ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
☆☆☆☆☆ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として

書籍情報
著者: しろふくろう
単行本(ソフトカバー): 296ページ
出版社: ダイヤモンド社
発売日: 2012/3/9
本の寸法: 20.8 x 14.8 x 2.4 cm



iCustomで変幻自在のメタトレーダー


内容紹介
  まず、すごいボリュームですね。リファレンスでもないのに、読み物として514ページもあります。メタトレーダーでのMQL4プログラミングをわかり易く伝えるために著者の苦労を感じます。
 書籍は3部構成となっており、第1部は定番の基本的なメタトレーダーの使用方法の説明、そしてヒストリカルデータのダウンロード方法、インディケーターの組み込み方法の解説になっています。図や表も多く、非常にわかり易く説明されています。第2部はEAの作成についてです。メタエディターの使い方から、プログラムの作成に至るまで、プログラムができなかったという著者の苦労した経験を踏まえた非常にわかり易く、かつ、とても丁寧な説明が続きます。手厚く説明するために、この本のページ数が514ページとなったのでしょう。第3部は「まとめ」として、作成したEAの実装、バックテスト、最適化、動作テストの解説がされています。また、サンプルEAを利用した実装とカスタマイズの方法の説明があります。とにかく図や表が多く、わかり易く説明しようとしている意図がひしひしと伝わってきます。
 この本は、MQL4プログラミングの初心者を中級者へ導く良書だと思います。初心者の為のMQL4プログラミング入門書として、かなりおすすめの一冊です。
 しかし、中級者以上となると、その必要性は下がります。中級者以上が求めるより高度なプログラミング、もしくはより実用的なプログラムの解説や、トレード手法のアイディアになる要件は満たしていないと思います。中級者の場合は、自分のプログラミング技術の復習として読むには最適かもしれません。ところで、私はiCustom関数は使用していなかったのですが、この本を読んでその便利さを知りました。好みの問題と思いますが、便利とわかっても私はiCustom関数は使わないですね。普通にRSI関数とか使いますね、、私の好みの問題か、理解が不足しているのでしょう。
 それはさておき、とにかく良い本だと思います。「複雑なプログラムを組むには、複雑な内容を簡単な内容に分解して・・云々・・・」というくだりには強く共感しました。MQL4プログラミングを始める初心者は、一度は読んでおきたい一冊ではないでしょうか。

おすすめ度
★★★★☆ メタトレーダー初心者の入門書として
★★★★★ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
★★☆☆☆ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として

書籍情報
著者: 島崎トーソン
単行本(ソフトカバー): 514ページ
出版社: パンローディング
発売日: 2011/9/16
本の寸法: 20.8 x 15 x 3.4 cm



たすFX 「脱・受け売り」のトレード戦略


内容紹介
 「iCustomで変幻自在のメタトレーダー」の著者 島崎トーソン氏の続編となる本です。前の書籍では基本的なメタトレーダーの使い方を中心とした説明でしたが、今回のこの本は、より具体的にEAの作成方法、トレード戦略を具体的にプログラミング化する方法を解説する書籍となっています。気づき、思いついたトレード手法、アイディアに対して、新しい判断要素を「たす」ことによって、より安定した収益性のあるEAへと改良する手法を説明しています。「買いのみ」「売りのみ」での収益成績分析や、マルチタイムフレーム、他通貨の動きに応じたトレードなど、初めてトレードプログラミングを作成する人にとって、良いガイドとなる本になると思います。
 書籍の後半では、FXDDからバックテスト用のヒストリーデータをダウンロードしてメタトレーダーに取り入れる方法や、バックテストの最適化方法、フリーで手に入れたインディケーターのEA化の手法などが説明されています。メタトレーダー初心者、MQL4プログラミング初心者にとって、初めて勉強する本としては、このサイトで紹介してる本の中では、とてもすばらしい本だと思います。しかし、すでにプログラミングの中級者以上となると、特に目新しいことが書いてあるわけではなく、通り過ぎた道のことばかりかと思います。中級者は初心を振り返る意味で一読してみると、なにか新しい気づきがあるかもしれません。

おすすめ度
★★★★☆ メタトレーダー初心者の入門書として
★★★★★ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
★★☆☆☆ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として

書籍情報
著者: 島崎トーソン
単行本(ソフトカバー): 267ページ
出版社: パンローディング
発売日: 2012/3/16
本の寸法: 21 x 14.8 x 2.2 cm



FXメタトレーダー入門 最先端システムトレードソフト使いこなし術


内容紹介
 メタトレーダー4入門書の草分け的書籍で、初めてのMQL4プログラミング指南書です。「真剣な投資家が夢を実現するために、さまざまな良質かつ実用的なアイデアを提供する」パンローディング鰍ゥらの出版です。昔は、メタトレーダーの本といえばコレしかありませんでした。私もこの本からメタトレーダー4を勉強し始め、右も左もわからない中、大変、重宝させて頂きました。
 内容はメタトレーダー4のインストール方法から基本設定、インディケーターの作成方法に始まり、自動売買プログラムであるエキスパートアドバイザー(EA)の具体的なプログラミング方法が解説されています。初めてメタトレーダー4を使用するところから、自動売買プログラムの作成例まで、メタトレーダー4に関して一通り学ぶ事ができる本です。
 今となっては書籍の発売日がちょっと昔なのが気になりますが、メタトレーダー4の基本的な使い方や、MQL4言語プログラミング方法については、今も昔もさほど変わりありません。メタトレーダー4を学ぶのに問題があるほどの古さではありません。
 プログラム経験者が読むのであれば、メタトレーダー4の入門書としては最適な部類に入ると思います。しかし、プログラム未経験者や、投資経験の浅い初心者にとっては、少しとっつき難い本かもしれません。もしあなたが、メタトレーダーって何?という超初心者なら後述の「FXトレーダースターティングガイド」、もしくは前述の「マネー誌ザイとしろふくろうが作った 最強FXソフトMT4完全ガイド!」を私はおすすめします。

おすすめ度
★★★☆☆ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として
★★★☆☆ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
★★☆☆☆ メタトレーダー初心者の入門書として

書籍情報
著者: 豊嶋 久道
単行本(ソフトカバー): 377ページ
出版社: パンローリング
発売日: 2007/12/7
本の寸法: 21 x 15.2 x 2.6 cm



FXメタトレーダー実践プログラミング


内容紹介
 上記の「FXメタトレーダー入門」を踏まえた上での実戦的な説明に特化したMQL4プログラミング指南書です。メタトレーダー4でのMQL4プログラミングをより詳しく解説しています。各インディケーターをカスタマイズしてチャートに実装するプログラム説明を始め、自動注文プログラムの解説も以前の本より充実した内容となっています。仕掛けパターンのプログラム化、インディケーターを利用したトレイリングストップなどの具体的プログラムが説明されており、まさに実践的な内容といえる本です。
 言うまでも無いかもしれませんが、「はじめてのメタトレーダー4」って雰囲気の本ではないので、メタトレーダー4初心者が始めて買う本としてはおすすめしません。私個人の意見としては、上記の「FXトレーダー入門」で勉強すれば、特に必要ないかな、、と思う書籍です(私は買いましたけどね)。この本のMQL4プログラミングの解説が参考にならない訳ではないので、人によっては、上記入門書で理解できなかった部分を別の角度で理解できるようになる良書になるかもしれません。

おすすめ度
★★★★☆ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として
★★☆☆☆ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
★☆☆☆☆ メタトレーダー初心者の入門書として

書籍情報
著者: 豊嶋 久道
単行本(ソフトカバー): 526ページ
出版社: パンローリング
発売日: 2009/10/16
本の寸法: 21.2 x 15 x 2.6 cm



FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術


内容紹介
 メタトレーダー4を始めて使う人への説明から始まり、インディケーターのカスタマイズ方法、そして、著者のしろふくろう氏のメタトレーダーを利用したトレードノウハウを説明した本です。
 前半は完全に初心者向けで、メタトレーダー4のインストールから説明開始です。実際の画面展開図が豊富で、初心者にはなかなか見やすい構成です。中盤からは、ダウンロードしたインディケーターをパラメータ変更して活用する内容を説明されています。実際のプログラミング方法の説明はほとんどというか、まったくありません。後半は、異なる時間足のインディケーターを一つのチャートに表示するインディケーターの説明や、フィボナッチを利用した著者しろふくろう氏のトレードノウハウの説明です。
 システムトレードのアイディアや、紹介されたカスタムインディケーターのパラメータ設定の説明は豊富ですが、とにかくMQL4プログラミング手法の具体的説明が少ないです。MQL4プログラミング方法を学ぶ事を目的にしている人には不向きな本となりそうです。しかし、メタトレーダー4を利用したアイディアとインディケーターの使い方については、図解も多く、判りやすい説明が豊富です。MQL4プログラミングができる中級者以上ならば、なにか自動売買プログラムの参考になるアイディアを得れるかもしれません。また、MQL4プログラミングや、メタトレーダー初心者は、メタトレーダー4をチャートソフトとして活用する目的ならばおすすめな本となると思います。

おすすめ度
★★★★☆ MQL4プログラミング中級者のトレード手法アイディアとして
☆☆☆☆☆ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
★★★★☆ メタトレーダー初心者の入門書として

書籍情報
著者: しろふくろう
単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 日本実業出版社
発売日: 2009/7/30
本の寸法: 21 x 14.6 x 2.4 cm



稼げる達人は使っている! FXメタトレーダースターティングガイド


内容紹介
 まず、本がデカイです。いわゆるムック(B5サイズ)です。そして薄い(120ページ)です。完全に初心者本です。図が多く、大きくわかりやすい構成になっています。メタトレーダー4とは何?いったい何ができるの?という初心者にはもってこいの本です。
 また、サンプル・インディケーター30本が、書籍に付録CD-ROMとして同封されています。MQL4プログラミングができないメタトレーダー初心者でも、そのまま付録インディケーターを利用すれば、メタトレーダー4をかなり特殊なチャートソフトとして活用することができるようになると思います。メタトレーダーのすごさ、可能性をよく伝えている本だと思います。
 MQL4言語やプログラム手法については、ごく簡単な説明が掲載されており、出来上がったMQL4プログラムの多少のカスタマイズはできるようになるかもしれません。しかし、この本でMQL4プログラミングがマスターできるかというと、難しいです。っま、、スターティングガイドですからね。初めてのメタトレーダー本という役目であれば、ほぼ完璧な本だと思います。
 すでにMQL4プログラミングがある程度できる中級者にとっては、付録インディケーターのプログラムコードの内容を参考にすれば、MQL4プログラミングスキル向上の役に立つと思います。スターティングガイドという名の本ですが、具体的なサンプルプログラムを探している中級者にも参考になるおすすめ本になると思われます。

おすすめ度
★★★★★ MQL4プログラミング中級者のサンプルプログラム集として
★★★★☆ MQL4プログラミング初心者のサンプルプログラム集として
★☆☆☆☆ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
★★★★★ メタトレーダー初心者の入門書として

書籍情報
著者: 有限会社バウンド
単行本(ソフトカバー): 120ページ
出版社: インフォレスト
発売日: 2010/6/22
本の寸法: 25.6 x 18.2 x 1.4 cm



MetaTrader4逆引きハンドブック


内容紹介
 まず、値段が高い(\4,830)ですが、このようなプログラム専門書にはありそうな値段です。内容は当サイト(メタシス・シーカー)と同じくMQL4言語の日本語リファレンスです。初心者向けのプログラミング手法説明や、詳細なプログラム解説やトレードアイディアなどの説明はありません。淡々と個々のMQL4コマンドの説明がされている本です。内容量は512ページとかなり分厚く、ほぼ全てのMQL4コマンドを網羅しています。当サイト(メタシス・シーカー)は英文のMQL4リファレンスを日本語翻訳してWebサイトとして公開させて頂いていますが、電子データではなく、物理的な紙での調べ物が好みであれば、この書籍はおすすめです。
 なお、MQL4コマンドを淡々と説明する本ですので、プログラミング初心者がMQL4プログラムの作り方を始めて学ぶ本という目的ではおすすめできません。MQL4コマンドの辞書として活用する本です。

おすすめ度
★★★★★ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として
★★★☆☆ MQL4プログラミング初心者のMQL4コマンド辞書として
☆☆☆☆☆ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
☆☆☆☆☆ メタトレーダー初心者の入門書として

書籍情報
著者: FXPG
単行本(ソフトカバー): 512ページ
出版社: シーアンドアール研究所
発売日: 2010/9/16
本の寸法: 21 x 15 x 3 cm



FXメタトレーダー EAで儲ける自動売買入門


内容紹介
 この本は、MQL4プログラミングの本でもないし、初心者の為のメタトレーダー4の使い方って本でもありません。内容は、メタトレーダー4の基本操作の説明に始まり、海外ブローカーのFXDD社の口座開設方法、そして、海外のEAフォーラムの紹介、EAのバックテスト解説と、VPSの簡単な紹介となっています。自分自身でトレードプログラムを作るのではなく、海外の優秀なEAを発掘して、バックテストし、海外口座でハイレバレッジ運用を目指すというものです。MQL4プログラミングの解説は一切ありませんので、MQL4プログラミングを学ぶことを目的としている人には、この書籍はおすすめできません。メタトレーダー4が始めての初心者の場合は、メタトレーダー4の一つの使い方として、可能性の視野を広げるには役立つとは思います。
 しかし、メタトレーダー4初心者にいきなり海外口座でハイレバレッジで、借り物EAで運用というのはちょっと、おすすめできませんね。ある程度、メタトレーダー4の知識があり、自身でもMQL4プログラミングができる中級者以上の人が海外口座を開設して、、というのであれば一読してもよいかもしれませんが、そこまでの人ならこの書籍がなくても自身で情報を集めれる気がします。メタトレーダーとタイトルにあったので読んでみましたが、正直、私には誰をターゲットにしているのかよくわからない本、、として紹介させていただきます。

おすすめ度
★☆☆☆☆ メタトレーダー初心者の入門書として
☆☆☆☆☆ MQL4プログラミング初心者のプログラム入門書として
☆☆☆☆☆ MQL4プログラミング中級者のMQL4コマンド辞書として

書籍情報
著者: 中山 泉
単行本(ソフトカバー): 259ページ
出版社: 日本実業出版社
発売日: 2011/10/20
本の寸法: 21.2 x 15.2 x 2.6 cm








トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。