メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

ドロップされたチャート上のX座標【WindowXOnDropped】

ウィンドウ関数【Window functions】

int WindowXOnDropped( )


Returns the value at X axis in pixels for the chart window client area point at which the expert or script was dropped. The value will be true only if the expert or script were moved with the mouse ("Drag'n'Drop") technique.
エキスパート、または、スクリプトがドロップされた、チャート ウィンドウの現領域座標の X 軸の値をピクセル単位で返します。エキスパート、または、スクリプトがマウス(ドラック&ドロップ)手法で移動させた場合にのみ、この値は有効になります。

参照 WindowYOnDropped()WindowOnDropped()

Sample:
サンプル:
Print("Expert dropped point x=",WindowXOnDropped()," y=",WindowYOnDropped());





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。