メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

ドロップされたチャートのウィンドウ番号【WindowOnDropped】

ウィンドウ関数【Window functions】

int WindowOnDropped( )


Returns window index where expert, custom indicator or script was dropped. This value is valid if the expert, custom indicator or script was dropped by mouse.
エキスパート、カスタム インディケータ、スクリプトをドロップしたウィンドウ インデックスを返します。エキスパート、カスタム インディケータ、スクリプトがマウスによってドロップされた場合に、この値は有効になります。

Note: For custom indicators being initialized (call from the init() function), this index is not defined.
注意: 初期化中のカスタム インディケータ(init() 関数からの呼び出し)では、このインデックスは定義されていません。

The returned index is the number of window (0-chart main menu, subwindows of indicators are numbered starting from 1) where the custom indicator is working. A custom indicator can create its own new subwindow during its work, and the number of this subwindow will differ from that of the window where the indicator was really dropped in.
返されたインデックスは、カスタム インディケータが作動しているウィンドウの番号(0 はチャートのメインメニュー。インディケータのサブウィンドウは、1 から番号付けされます。)です。カスタム インディケータの処理中に、それ自身の新しいサブウィンドウを作成でき、このサブウィンドウの番号は、インディケータが本当にドロップされたウィンドウの番号とは異なります。

参照 WindowXOnDropped()WindowYOnDropped()

Sample:
サンプル:
if(WindowOnDropped()!=0)
  {
   Print("Indicator 'MyIndicator' must be applied to main chart window!");
   return(false);
  }





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。