メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

チャート上に表示されている最初のバーの番号【WindowFirstVisibleBar】

ウィンドウ関数【Window functions】

int WindowFirstVisibleBar( )


The function returns the first visible bar number in the current chart window. It must be taken into consideration that price bars are numbered in the reverse order, from the last to the first one. The current bar, the latest in the price array, is indexed as 0. The oldest bar is indexed as Bars-1. If the first visible bar number is 2 or more bars less than the amount of visible bars in the chart, it means that the chart window has not been fully filled out and there is a space to the left.
この関数は、現在のチャート ウィンドウで、最初に出現するバーの番号を返します。価格バーは、最新から最古の逆順で、番号付けされていることを考慮する必要があります。現在のバーは、価格配列でもっとも最新で、0 のインデックスが付けられています。最古のバーは、Bars -1 としてインデックスが付けられています。もし、最初に表示されるバーの番号が2、もしくはチャート上に表示されるバーの総数より少ない場合、それは、チャート ウィンドウが完全に満たされておらず、左側に余白があることを意味します。

Sample:
サンプル:
   // work with visible bars.
   int bars_count=WindowBarsPerChart();
   int bar=WindowFirstVisibleBar();
   for(int i=0; i<bars_count; i++,bar--)
     {
      // ...
     }





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。