メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

取引の関数【Trading functions】

取引の関数【Trading functions】

A group of functions intended for trading management.
トレードの管理を対象とした関数のグループです。

Trading functions of OrderSend(), OrderClose, OrderCloseBy, OrderDelete, and OrderModify cannot be called from custom indicators.
OrderSend()OrderCloseOrderCloseByOrderDeleteOrderModifyのトレード関数は、カスタム インディケータからは呼び出すことができません。

Trading functions can be used in experts and scripts. Trading functions can be called only if the "Allow live trading" property of this particular expert is checked.
トレード関数は、エキスパートとスクリプトで使用できます。トレード関数は、特定のエキスパートの "Allow live trading(本番トレード許可)" プロパティがチェックされている場合に限り、呼び出すことができます。

To trade from experts and scripts, only one thread was provided that was launched in the program trade context (context of automated trading from experts and scripts). This is why, if this context is occupied with an expert trading operation, another expert or script cannot call trading functions at that moment due to error 146 (ERR_TRADE_CONTEXT_BUSY). To check whether it is possible to trade or not, one has to use the IsTradeAllowed() function. To make a clear sharing of access to the trading context, one can use a semaphore on the basis of a global variable the value of which must be changed using the GlobalVariableSetOnCondition() function.
エキスパートとスクリプトからトレードするために、1つだけのスレッドが、プログラム トレード 状況(エキスパートとスクリプトからの自動売買の状況)の起動に割り当てられます。これは、もし、この状況が、エキスパートのトレード操作で占有されていれば、他のエキスパートかスクリプトは、エラー 146 (ERR_TRADE_CONTEXT_BUSY) のために、その時点で、トレード関数を呼び出すことができません。トレードが可能かどうかを確認するには、IsTradeAllowed() 関数を使用します。はっきりとトレード状況へのアクセスの共有をするためには、GlobalVariableSetOnCondition() 関数を使用して変更する必要がある、グローバル変数の値を基本したセマフォ(割り込み処理を制御し、同時アクセスによる不整合防止)を使用します。





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。