メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

標準偏差を配列適用【iStdDevOnArray】

テクニカル指標【Technical indicators】

  • iAC
    ACオシレーター(Accelerator Oscillator)

  • iAD
    A/D(Accumulation / Distribution)

  • iAlligator
    アリゲーター

  • iADX
    ADX(Average Directional Movement Index)

  • iATR
    ATR(Average True Range)

  • iAO
    オーサム・オシレーター(Awesome Oscillator)

  • iBearsPower
    ベアパワー

  • iBands
    ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

  • iBandsOnArray
    ボリンジャーバンドを配列適用

  • iBullsPower
    ブルパワー

  • iCCI
    CCI(Commodity Channel Index)

  • iCCIOnArray
    CCIを配列適用

  • iCustom
    カスタム指標

  • iDeMarker
    デ・マーカー

  • iEnvelopes
    エンベローブ

  • iEnvelopesOnArray
    エンベローブを配列適用

  • iForce
    フォース指数

  • iFractals
    フラクタル

  • iGator
    ゲーター・オシレーター

  • iIchimoku
    一目均衡表

  • iBWMFI
    BW MFI(Bill Williams - Market Facilitation Index)

  • iMomentum
    モメンタム

  • iMomentumOnArray
    モメンタムを配列適用

  • iMFI
    MFI(Money Flow Index)

  • iMA
    移動平均

  • iMAOnArray
    移動平均を配列適用

  • iOsMA
    移動平均オシレーター

  • iMACD
    MACD(Moving Average Convergence and Divergence)

  • iOBV
    オン・バランス・ボリューム(On Balance Volume)

  • iSAR
    パラボリックSAR(Parabolic Stop and Reverse)

  • iRSI
    相対力指数(Relative Strength Index)

  • iRSIOnArray
    RSIを配列適用

  • iRVI
    RVI(Relative Vigor Index)

  • iStdDev
    標準偏差

  • iStdDevOnArray
    標準偏差を配列適用

  • iStochastic
    ストキャスティックス

  • iWPR
    ウィリアムズ%R

double iStdDevOnArray(double array[ ], int toral, int ma_period, int ma_shift, int ma_method, int shift)


Calculation of the Standard Deviation indicator on data stored in a numeric array. Unlike iStdDev(...), the iStdDevOnArray function does not take data by symbol name, timeframe, the applied price. The price data must be previously prepared. The indicator is calculated from left to right. To access to the array elements as to a series array (i.e., from right to left), one has to use the ArraySetAsSeries function.
標準偏差 インディケータを、数値配列に格納されているデータで計算します。iStdDev(...) と異なり、iStdDevOnArray 関数は、シンボル名、期間、適用された価格データを受け取りません。事前に価格データを準備する必要があります。インディケータは、左から右に計算されます。直列配列(すなわち、右から左)の配列要素にアクセスするためには、ArraySetAsSeries 関数を使用する必要があります。

Parameters:
パラメータ:
array[] -
Array with data.
データ配列。
total -
The number of items to be counted.
カウントするアイテムの数。
ma_period -
MA period.
MAの期間。
ma_shift -
MA shift.
MAの転移。
ma_method -
MA method. It can be any of the Moving Average method enumeration value.
MAの方式。移動平均方式の列挙値のいずれかを指定できます。
shift -
Index of the value taken from the indicator buffer (shift relative to the current bar the given amount of periods ago).
インディケータ バッファから取得するインデックスの値(現在のバーを基準に、指定された期間の量だけ過去にシフトする)

Sample:
サンプル:
double val=iStdDevOnArray(ExtBuffer,100,10,0,MODE_EMA,0);





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。