メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について
MQL4 Reference > Technical indicators サイトマップ【Sitemap】

テクニカル指標【Technical indicators】

テクニカル指標【Technical indicators】

  • iAC
    ACオシレーター(Accelerator Oscillator)

  • iAD
    A/D(Accumulation / Distribution)

  • iAlligator
    アリゲーター

  • iADX
    ADX(Average Directional Movement Index)

  • iATR
    ATR(Average True Range)

  • iAO
    オーサム・オシレーター(Awesome Oscillator)

  • iBearsPower
    ベアパワー

  • iBands
    ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

  • iBandsOnArray
    ボリンジャーバンドを配列適用

  • iBullsPower
    ブルパワー

  • iCCI
    CCI(Commodity Channel Index)

  • iCCIOnArray
    CCIを配列適用

  • iCustom
    カスタム指標

  • iDeMarker
    デ・マーカー

  • iEnvelopes
    エンベローブ

  • iEnvelopesOnArray
    エンベローブを配列適用

  • iForce
    フォース指数

  • iFractals
    フラクタル

  • iGator
    ゲーター・オシレーター

  • iIchimoku
    一目均衡表

  • iBWMFI
    BW MFI(Bill Williams - Market Facilitation Index)

  • iMomentum
    モメンタム

  • iMomentumOnArray
    モメンタムを配列適用

  • iMFI
    MFI(Money Flow Index)

  • iMA
    移動平均

  • iMAOnArray
    移動平均を配列適用

  • iOsMA
    移動平均オシレーター

  • iMACD
    MACD(Moving Average Convergence and Divergence)

  • iOBV
    オン・バランス・ボリューム(On Balance Volume)

  • iSAR
    パラボリックSAR(Parabolic Stop and Reverse)

  • iRSI
    相対力指数(Relative Strength Index)

  • iRSIOnArray
    RSIを配列適用

  • iRVI
    RVI(Relative Vigor Index)

  • iStdDev
    標準偏差

  • iStdDevOnArray
    標準偏差を配列適用

  • iStochastic
    ストキャスティックス

  • iWPR
    ウィリアムズ%R

group of functions intended for calculation of standard and custom indicators.
標準的なカスタム インディケータの計算を目的とした関数のグループです。

For an expert (or any other MQL4 program) to take up the value of any indicator, it is not necessary that this indicator is present in the chart. The requested indicator will be loaded and calculated in the thread of the module that has called it.
エキスパート(または、その他の MQL4 プログラム)が、どれかのインディケータの値を取り出すために、そのインディケータがチャートに存在している必要はありません。要求されたインディケータは読み込まれて、それを呼び出したモジュールのスレッドで計算されます

Any indicator can be calculated on the data of not only current chart, but also on the data of any available symbol/period. If data (symbol name and/or timeframe differ from the current ones) are requested from another chart, the situation is possible that the corresponding chart was not opened in the client terminal and the necessary data must be requested from the server. In this case, error ERR_HISTORY_WILL_UPDATED (4066 - the requested history data are under updating) will be placed in the last_error variable, and one will has to re-request (see example of ArrayCopySeries()).
すべてのインディケータは、現在のチャートのデータだけではなく、使用可能な通貨ペア、期間のデータでも同様に計算することができます。もし、データ(通貨ペア名や、現在のものと異なる時間枠)が別のチャートから要求された場合は、そのターミナル クライアントに対応するチャートは開くことはできず、必要なデータをサーバーへ要求する必要があります。この場合、エラー ERR_HISTORY_WILL_UPDATED (4066 - 要求された履歴データが未更新)が、last_error 変数に配置され、再要求をする必要があります。(詳細については、ArrayCopySeries()の例を参照してください)





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。