メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

オブジェクト生成【ObjectCreate】

オブジェクト関数【Object functions】

bool ObjectCreate(string name, int type, int window, datetime time1, double price1, datetime time2=0, double price2=0, datetime time3=0, double price3=0)


Creation of an object with the specified name, type and initial coordinates in the specified window. Count of coordinates related to the object can be from 1 to 3 depending on the object type. If the function succeeds, the returned value will be TRUE. Otherwise, it will be FALSE. To get the detailed error information, one has to call the GetLastError() function. Objects of the OBJ_LABEL type ignore the coordinates. Use the function of ObjectSet() to set up the OBJPROP_XDISTANCE and OBJPROP_YDISTANCE properties.
指定したウィンドウに、指定した名前、型、初期座標をもつオブジェクトを作成します。オブジェクトに関連する座標の数は、オブジェクト型によって、1 から 3 個までありえます。もし、関数が正常終了した場合、返される値は TRUE です。それ以外の場合、FALSE になります。詳細なエラー情報を取得するには GetLastError() 関数を呼び出します。OBJ_LABEL 型のオブジェクトの座標は無視されます。OBJPROP_XDISTANCE および OBJPROP_YDISTANCE プロパティを設定するには、関数の ObjectSet() を使用します。

Notes: The chart sub-windows (if there are sub-windows with indicators in the chart) are numbered starting from 1. The chart main window always exists and has the 0 index.
注意:チャートのサブ・ウィンドウ(チャートにインディケータのサブ・ウィンドウがある場合)は 1 から番号が開始されます。チャートのメイン・ウィンドウは、常に存在して 0 のインデックスをを持っています。

Coordinates must be passed in pairs: time and price. For example, the OBJ_VLINE object needs only time, but price (any value) must be passed, as well.
座標はペア(時間と価格)で渡す必要があります。たとえば、OBJ_VLINE オブジェクトは、時間だけを必要とします。しかし、価格(任意の値)も渡す必要があります。

Parameters:
パラメータ:
name -
Object unique name.
オブジェクトの重複しない名前。
type -
Object type. It can be any of the Object type enumeration values.
オブジェクトの型。Object 型の列挙値のいずれかを指定できます。
window -
Index of the window where the object will be added. Window index must exceed or equal to 0 and be less than WindowsTotal().
オブジェクトの追加先となるウィンドウのインデックス。ウィンドウのインデックスは 0 以上にして WindowsTotal() よりも小さくする必要があります。
time1 -
Time part of the first point.
最初の点の時刻の部分。
price1 -
Price part of the first point.
最初の点の価格の部分。
time2 -
Time part of the second point.
2番目の点の時刻の部分。
price2
Price part of the second point.
2番目の点の価格の部分。
time3
Time part of the third point.
3番目の点の時刻の部分。
price3
Price part of the third point.
3番目の点の価格の部分。

Sample:
サンプル:
  // new text object
  if(!ObjectCreate("text_object", OBJ_TEXT, 0, D'2004.02.20 12:30', 1.0045))
    {
     Print("error: can't create text_object! code #",GetLastError());
     return(0);
    }
  // new label object
  if(!ObjectCreate("label_object", OBJ_LABEL, 0, 0, 0))
    {
     Print("error: can't create label_object! code #",GetLastError());
     return(0);
    }
  ObjectSet("label_object", OBJPROP_XDISTANCE, 200);
  ObjectSet("label_object", OBJPROP_YDISTANCE, 100);






トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。