メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

配列ファイルの読み込み【FileReadArray】

ファイル関数【File functions】

int FileReadArray(int handle, void array[ ], int start, int count)


Reads the specified amount of elements from the binary file into array. Before reading, make sure that the array is large enough. Returns the amount of actually read elements.
バイナリ ファイルにある配列から、指定された要素の量を読み込みます。読み込む前に、配列が十分であることを確認してください。実際に読み込まれた要素の数を返します。

To get the detailed error information, call the GetLastError() function.
詳細なエラー情報を取得するには、GetLastError() 関数を呼び出します。

Parameters:
パラメータ:
handle    -   File handle returned by the FileOpen() function.
               FileOpen() 関数によって返されたファイル ハンドル。

array[]   -   Array where data will be stored.
               データを格納する配列。

start     -   Starting position for storing in array.
               配列を格納する開始位置。

count     -   Count of elements to be read.
               読み込む要素の数。

Sample:
サンプル:
  int handle;
  double varray[10];
  handle=FileOpen("filename.dat", FILE_BIN|FILE_READ);
  if(handle>0)
    {
     FileReadArray(handle, varray, 0, 10);
     FileClose(handle);
    }





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。