メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

ファイルを開く【FileOpen】

ファイル関数【File functions】

int FileOpen(string filename, int mode, int delimiter=';')


Opens file for input and/or output. Returns a file handle for the opened file or -1 (if the function fails). To get the detailed error information, call GetLastError() function.
入力や出力のためにファイルを開きます。開いたファイル、もしくは、-1(関数が失敗した場合)のファイル ハンドルを返します。詳細なエラー情報を取得するには、GetLastError() 関数を呼び出します。

Notes: Files can only be opened in the terminal_directory\experts\files folder (terminal_directory\tester\files if for expert testing) or in its subfolders.
注意:ファイルは terminal_directory\experts\files フォルダ(テストの場合は terminal_directory\tester\files)または、そのサブフォルダにあるものだけ、開くことができます。

FILE_BIN and FILE_CSV modes cannot be used simultaneously.
FILE_BIN と FILE_CSV モードは同時に使用することはできません。

If FILE_WRITE does not combine with FILE_READ, a zero-length file will be opened. If even the file containd some data, they will be deleted. If there is a need to add data to an existing file, it must be opened using combination of FILE_READ | FILE_WRITE.
もし、FILE_WRITE が FILE_READ と組み合わされていない場合は、長さ 0 のファイルが開かれます。もし、ファイルに若干のデータが含まれていた場合、それらは削除されます。もし、既存のファイルにデータを追記する必要がある場合は、FILE_READ | FILE_WRITE の組み合わせを使用して開く必要があります。

If FILE_READ does not combine with FILE_WRITE, the file will be opened only if it already exists. If the file does not exist, it can be created using the FILE_WRITE mode.
もし、FILE_READ が FILE_WRITE 組み合わされていない場合は、すでに存在する場合にだけ、ファイルを開くことができます。もし、ファイルが存在しない場合は、FILE_WRITE モードを使用して作成することができます。

No more than 32 files can be opened within an executable module simultaneously. Handles of files opened in the same module cannot be passed to other modules (libraries).
32個以上のファイルを実行可能モジュール内で同時に開くことはできません。同じモジュール内で開いたファイルのハンドルは、他のモジュール(ライブラリ)に渡すことはできません。

Parameters:
パラメータ:
filename     -   Filename.
                  ファイル名。

mode         -   Opening mode. It can be one or combination of values: 
                  FILE_BIN, FILE_CSV, FILE_READ, FILE_WRITE.
                  開示モード。次の値の1つもしくは、組み合わせを選択できます。
                  FILE_BIN、FILE_CSV、FILE_READ、FILE_WRITE。

delimiter   -   Delimiter character for csv files. By default, the ';' symbol applies.
                  csvファイルのための区切文字。デフォルトでは ';' 記号が適用されます。

Sample:
サンプル:
  int handle;
  handle=FileOpen("my_data.csv",FILE_CSV|FILE_READ,';');
  if(handle<1)
    {
     Print("File my_data.dat not found, the last error is ", GetLastError());
     return(false);
    }





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。