メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

レート配列のコピー【ArrayCopyRates】

配列関数【Array functions】

int ArrayCopyRates(void dest_array[ ], string symbol=NULL, int timeframe=0)


Copies rates to the two-dimensional array from chart RateInfo array and returns copied bars amount, or -1 if failed. First dimension of RateInfo array contains bars amount, second dimension has 6 elements:
チャートの RateInfo 配列から2次元配列にレートをコピーし、そして、コピーされたバーの総数を返すか、失敗したら -1 を返します。RateInfo 配列の最初の次元にはバーの総数が含まれており、2番目の次元に6個の要素があります。

 0 - time,
 0 - 時間

 1 - open,
 1 - 始値

 2 - low,
 2 - 安値

 3 - high,
 3 - 高値

 4 - close,
 4 - 終値

 5 - volume.
 5 - 出来高

If data (symbol name and/or timeframe differ from the current ones) are requested from another chart, the situation is possible that the corresponding chart was not opened in the client terminal and the necessary data must be requested from the server. In this case, error ERR_HISTORY_WILL_UPDATED (4066 - the requested history data are under updating) will be placed in the last_error variable, and one will has to re-request (see example of ArrayCopySeries()).
もしデータ(通貨ペア名、もしくは現在のものと異なる時間枠のデータ)を別チャートから要求された場合、現在のターミナル クライアントで開かれていないチャートと通信が可能な状況で、必要なデータをサーバーに求めなくてはなりません。この場合、エラー ERR_HISTORY_WILL_UPDATED (4066 - 要求された履歴データが更新中です)が、last_error 変数に格納されいると、再要求をする必要があります。(詳細については、ArrayCopySeries() の例を参照)

Notes: This rates array is normally used to pass data to a DLL function.
注意:このレート配列は、DLL 関数にデータを渡すために通常使用されます。

Memory is not really allocated for data array, and no real copying is performed. When such an array is accessed, the access will be redirected.
メモリがデータ配列に実際に割り当てられないと、実際にコピーは行われません。このような配列にアクセスされるとき、アクセスはリダイレクトされます。

Parameters:
パラメータ:
dest_array[]   -   Reference to the two-dimensional destination array of double type. 
                     double型の2次元のコピー先配列への参照。

symbol          -   Symbol name (currency pair name) 
                     シンボル名(通貨ペア名)

timeframe      -   Timeframe. It can be any of the listed timeframes values. 
                     時間枠。listed timeframes 値のいずれかを指定できます。

Sample:
サンプル:
  double array1[][6];
  ArrayCopyRates(array1,"EURUSD", PERIOD_H1);
  Print("Current bar ",TimeToStr(array1[0][0]),"Open", array1[0][1]);






トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。