メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

配列関数【Array functions】

配列関数【Array functions】

A group of functions to work with arrays.
配列を使用する関数のグループです。

Arrays are allowed to be maximum four-dimensional. Each dimension is indexed from 0 to dimension size-1. In a particular case of a one-dimensional array of 50 elements, calling of the first element will appear as array[0], of the last one - as array[49].
配列は最大4次元まで許可されています。それぞれの次元のインデックスは、0 から 次元数 -1 です。50個の要素からなる1次元の配列がある具体的なケースでは、最初の要素の呼び出しは array[0] となり、最後の要素は array[49] と表現されます。

Using these functions (except for those which change quantitative and qualitative characteristics of the array) one can process predefined time series Time[ ], Open[ ], High[ ], Low[ ], Close[ ], Volume[ ]
これらの関数を使用して(配列の量と特質を除いて)、定義済みの時系列配列 Time[ ]Open[ ]High[ ]Low[ ]Close[ ]Volume[ ] の処理ができます。





トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。