メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

メッセージボックス【MessageBox】

標準的な定数【Standard constants】

The MessageBox() function return codes.
MessageBox() 関数は、コードを返します。

If a message box has a Cancel button, the function returns the IDCANCEL value if either the ESC key is pressed or the Cancel button is selected. If the message box has no Cancel button, pressing ESC has no effect.
もし、メッセージボックスに [キャンセル] ボタンがあり、Esc キーを押すか [キャンセル] ボタンが選択された場合、関数は IDCANCEL 値を返します。メッセージボックスに [キャンセル] ボタンがない場合は、Esc キーを押しても何も起きません。

Note: MessageBox return codes defined in the WinUser32.mqh file
注意: メッセージボックスは、WinUser32.mqh ファイルで定義されたコードを返します。

Constant
定数
Value
Description
説明
IDOK 1 OK button was selected.
[OK] ボタンが選択されました。
IDCANCEL 2 Cancel button was selected.
[キャンセル] ボタンが選択されました。
IDABORT 3 Abort button was selected.
[中止] ボタンが選択されました。
IDRETRY 4 Retry button was selected.
[再試行] ボタンが選択されました。
IDIGNORE 5 Ignore button was selected.
[無視] ボタンが選択されました。
IDYES 6 Yes button was selected.
[はい] ボタンが選択されました。
IDNO 7 No button was selected.
[いいえ] ボタンが選択されました。
IDTRYAGAIN 10 Try Again button was selected.
[再実行] ボタンが選択されました。
IDCONTINUE 11 Continue button was selected.
[続行] ボタンが選択されました。

The MessageBox function flags specify the contents and behavior of the dialog box. This value can be a combination of flags from the following groups of flags.
MessageBox 関数のフラグは、ダイアログ ボックスの内容と動作を指定します。この値は、以下のフラグのグループからのフラグの組み合わせで指定することができます。

To indicate the buttons displayed in the message box, specify one of the following values.
メッセージ ボックスに表示されるボタンを指定するには、次の値のいずれかを指定します。

Constant
定数
Value
Description
説明
MB_OK 0x00000000 The message box contains one push button: OK. This is the default.
メッセージ ボックスに1つのボタン [OK] が含まれます。これは既定値です。
MB_OKCANCEL 0x00000001 The message box contains two push buttons: OK and Cancel.
メッセージ ボックスに2つのボタン [OK] [キャンセル] が含まれます。
MB_ABORTRETRYIGNORE 0x00000002 The message box contains three push buttons: Abort, Retry, and Ignore.
メッセージ ボックスに3つのボタン [中止] [再試行] [無視] が含まれます。
MB_YESNOCANCEL 0x00000003 The message box contains three push buttons: Yes, No, and Cancel.
メッセージ ボックスに3つのボタン [はい] [いいえ] [キャンセル] が含まれます。
MB_YESNO 0x00000004 The message box contains two push buttons: Yes and No.
メッセージ ボックスに2つのボタン [はい] [いいえ] が含まれます。
MB_RETRYCANCEL 0x00000005 The message box contains two push buttons: Retry and Cancel.
メッセージ ボックスに2つのボタン [再試行] [キャンセル] が含まれます。
MB_CANCELTRYCONTINUE 0x00000006 Windows 2000: The message box contains three push buttons: Cancel, Try Again, Continue. Use this message box type instead of MB_ABORTRETRYIGNORE.
Windows 2000: メッセージボックスに3つのボタン [キャンセル] [再実行] [続行] が含まれます。このメッセージ ボックス型は、MB_ABORTRETRYIGNORE の代わりになります。

To display an icon in the message box, specify one of the following values.
メッセージ ボックスにアイコンを表示するには、次の値のいずれかを指定します。

Constant
定数
Value
Description
説明
MB_ICONSTOP, MB_ICONERROR, MB_ICONHAND 0x00000010 A stop-sign icon appears in the message box.
停止アイコンをメッセージ ボックスに表示します。
MB_ICONQUESTION 0x00000020 A question-mark icon appears in the message box.
疑問符アイコンをメッセージ ボックスに表示します。
MB_ICONEXCLAMATION, MB_ICONWARNING 0x00000030 An exclamation-point icon appears in the message box.
感嘆符アイコンをメッセージ ボックスに表示します。
MB_ICONINFORMATION, MB_ICONASTERISK 0x00000040 An icon consisting of a lowercase letter i in a circle appears in the message box.
円で囲まれた小文字 i のアイコンをメッセージ ボックスに表示します。

To indicate the default button, specify one of the following values.
既定のボタンを指定するには、次の値のいずれかを指定します。

Constant
定数
Value
Description
説明
MB_DEFBUTTON1 0x00000000 The first button is the default button. MB_DEFBUTTON1 is the default unless MB_DEFBUTTON2, MB_DEFBUTTON3, or MB_DEFBUTTON4 is specified.
最初のボタンが既定ボタンです。 MB_DEFBUTTON2、MB_DEFBUTTON3、または MB_DEFBUTTON4 を指定しない限り MB_DEFBUTTON1 が既定値です。
MB_DEFBUTTON2 0x00000100 The second button is the default button.
2番目のボタンが既定ボタン。
MB_DEFBUTTON3 0x00000200 The third button is the default button.
3番目のボタンが既定ボタン。
MB_DEFBUTTON4 0x00000300 The fourth button is the default button.
4番目のボタンが既定ボタン。

MessageBox() function behavior flags are defined in the WinUser32.mqh file, this is why this heading file must be included to programs through #include <WinUser32.mqh>. Not all possible flags are listed here. For more details, please refer to Win32 API description.
MessageBox() 関数の動作のフラグは、WinUser32.mqh ファイルで定義されており、これは、#include <WinUser32.mqh> を経たプログラムを先頭ファイルに含める必要があります。すべての可能なフラグがここに記載されているというわけではありません。詳細については、Win32 API の説明を参照してください。






トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。