メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

ファイルの読み込み【Including of files】

プリプロセッサ【Preprocessor】

The #include command line can be placed anywhere in the program, but usually all inclusions are placed at the beginning of the source code. Call format:
#include コマンドラインをプログラムでは、どこにでも置くことができます、しかし、すべての読み込みはソース コードの先頭に配置されます。呼び出し書式は次のとおり

#include <file_name>
#include "file_name";

Examples:
例:
#include <WinUser32.mqh>
#include "mylib.mqh"

Preprocessor replaces this line with the content of the file WinUser32.mqh. Angle brackets mean that the WinUser32.mqh file will be taken from the default directory (usually terminal_directory\experts\include). The current directory is not searched.
プリプロセッサは、この行を WinUser32.mqh ファイルの内容に置き換えます。山括弧は、WinUser32.mqh ファイルを既定のディレクトリ (通常は terminal_directory\experts\include) から取得することを意味します。現在のディレクトリは検索されません。

If the file name is enclosed in quotation marks, the search will be performed in the current directory (where the main file of the source code is located). The standard directory is not searched in.
もし、ファイル名が引用符に囲まれている場合は、検索(ソース コードのメインファイルがある場所)は現在のディレクトリで実行されます。標準のディレクトリでは検索しません。






トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。