メタトレーダーのMQL言語でプログラミングする自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー

メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー
メタトレーダーMQLプログラミング自動売買システム作成サイト メタシス・シーカー メタトレーダー関連書籍 メタトレーダーMQL言語リファレンス日本語翻訳マニュアル 準備中 準備中 このサイト「メタシス・シーカー」について

MQL4 リファレンス【MQL4 Reference】

MQL4 リファレンス【MQL4 Reference】
MetaQuotes Language 4 (MQL4) is a new built-in language for programming of trading strategies. This language allows to create your own Expert Advisors that make trading management automated and are perfectly suitable for implementing of one's own trade strategies. Besides, one can use MQL4 for creation of one's own Custom Indicators, Scripts, and Libraries.
MetaQuotes Language 4( MQL4 )は取引の戦略のプログラミングのための新しい統合言語です。 この言語は自動化された取引のマネージメントを作って、完全に自分の自身のトレード戦略を実行することに適しています、そして、あなた自身の自動売買システム(Expert Advisors)作成する機能を提供します。 そのほかに、自分自身のカスタムインディケーター、スクリプトとライブラリの作成のために MQL4 を使うことができます。

A large amount of functions necessary for analysis of the current and previously income quotes, as well as basic arithmetic and logic operations are included in MQL4 structure. There are also basic indicators built in and commands of order placement and control.
大量の現在の分析に必要な関数と以前の収入相場、演算とロジックの基本操作も MQL4 で構造に含められています。 基本的なインディケーターによる注文方法とコントロールのコマンドもあります。

The MetaEditor 4 (text editor) that highlights different constructions of MQL4 language is used for writing the program code. It helps users to orientate themselves in the expert system text quite easily. We use MetaQuotes Language Dictionary as a Help System for MQL4 language. An abridged guide contains functions divided into categories, operations, reserved words, and other language constructions and allows finding the description of every element we use.
MetaEditor 4(テキストエディタ)は、MQL4 言語の特異な文法構造を強調し、プログラムコードを書くために使われます。 それは非常に容易にユーザーがエキスパートシステムテキストにコード自身を適応させるのを手伝います。 私たちは MQL4 言語のために MetaQuotes Language Dictionary をヘルプシステムとして用いれます。 要約されたガイドがカテゴリーに分けられた関数、操作、予約語と他の言語構成を含んでいて、私たちが使うすべての要素の記述を検索することができます。

Programs written in MetaQuotes Language 4 have different features and purposes:
MetaQuotes Language 4 で記述されたプログラムは、さまざまな機能と目的があります。

  • Expert Advisor is a mechanical trading system (MTS) linked up to a certain chart. An Advisor starts to run with every incoming tick for a given symbol. The Advisor will not be launched for a new, tick if it is processing the previous one at this moment (i.e., the Advisor has not completed its operation yet). The Advisor can both inform you about a possibility to trade and trade at an account automatically sending orders directly to the trade server. Like most trading systems, the terminal supports testing strategies on history data with displaying trading in-and-out points in the chart.
    Experts are stored in terminal_directory\experts.
    エキスパートアドバイザー(Expert Advisor)は、特定のチャートにリンクされる自動取引システム( MTS )です。 アドバイザーが所定シンボル算出のためにすべての入ってくるティックで実行を開始します。 アドバイザーは前のティックを処理しているなら、始動されません(すなわち、アドバイザーがまだそのオペレーションを完了していない)。 アドバイザーは共にトレードする可能性についてあなたに知らせて、そして直接トレードサーバーにオーダーを送って自動的に現在アカウントにおいてトレードすることができます。 たいていの取引のシステムのように、チャートにトレードの in-and-out ポイントすることを示すことで、ターミナルはヒストリーデータの上にテスト戦略を支援します。
    エキスパートは terminal_directory\experts に格納されます。

  • Custom Indicator is a technical indicator written independently in addition to those already integrated into the client terminal. Like built-in indicators, they cannot trade automatically and are intended for implementing of analytical functions only.
    Custom Indicators are stored in terminal_directory\experts\indicators.
    カスタムインディケーター(Custom Indicator)は、クライアントターミナルに既に組み込まれているものに加えて、個別に書き込まれるテクニカル指標です。 組み込みのインディケーターのように、カスタムインディケーターは自動的に取引することができません、そして分析的な機能のみを実行することのために使用されます。
    カスタムインディケーターは terminal_directory\experts\indicators に格納されます。

  • Script is a program intended for a single execution of some actions. Unlike Expert Advisors, Scripts are not run tickwise, but on request.
    Scripts are stored in terminal_dictionary\experts\scripts.
    スクリプト(Script)は、いくつかのアクションを1回の実行にするプログラムです。エキスパートアドバイザーと異なり、スクリプトはティックでは実行されません。しかし要求すればすぐに実行されます。
    スクリプトは terminal_dictionary\experts\scripts に格納されます。

  • Library is a set of custom functions containing programs most frequently used. Libraries cannot start execution by itself.
    Libraries are recommended to be stored in terminal_directory\experts\libraries.
    ライブラリー(Library)は、最も頻繁に使われるプログラムを含んでいるカスタム関数セットです。 ライブラリーは単独で起動できません。
    ライブラリーは terminal_directory\experts\libraries に格納することを推奨します。

  • Included file is a source text of the most frequently used blocks of custom programs. Such files can be included into the source texts of experts, scripts, custom indicators, and libraries at the compiling stage. The use of included files is more preferable than the use of libraries because of additional burden occurring at calling library functions.
    Included files are recommended to be stored in terminal_directory\experts\include.
    インクルードファイル(Included file)は、最もよく使用されるカスタムプログラムのブロックのソーステキストです。 このようなファイルをエキスパート、スクリプト、カスタムインディケーター、のソーステキストに含めることが、コンパイルの段階でできます。 インクルードファイルの使用はライブラリ関数を呼び出すことで発生した追加負担の軽減の為に、ライブラリを使用するよりもより望ましいです。
    インクルードファイルは terminal_directory\experts\include に格納することを推奨します。






トップページメタトレーダー関連書籍メタトレーダー日本語翻訳MQL言語リファレンス マニュアルこのサイト「メタシス・シーカー」についてサイトマップ
Copyright(C) 2009 MetaSys-Seeker.net All Rights Reserved.
免責事項:当サイト(メタシス・シーカー)のFx外国為替保証金取引、メタトレーダー、自動売買、システムトレード検証、サンプルプログラム、MQL言語リファレンスマニュアルなどの情報に関しては十分に注意した上で掲載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。万一、当サイトに記載されている情報利用によって損害が生じても当サイト運営者は一切責任を負うものではありません。また、当サイトの内容や情報は予告なく変更、中止されることがありますことを予めご了承ください。掲載情報については、ご利用者自身の判断と責任でご利用ください。